内閣SOUL大臣

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

まるっと近況報告




はーい…
やっぱり間が空いちゃいました。


深川です



5月すっ飛ばしてもう6月だねー
世の中梅雨で雨続きだねー
俺全然関係無いケドごめんねー


ということでまだまだ活動してます
BOMmERについてですが


ドラマーとして長らく活動を共にして来ました亮介くんが5月始めに脱退



それからというものマックスにムチを振るう日々が続いてます



リズム音痴」とかブログのタイトルに付けてる場合じゃないよ、マジで!




暗中模索しながら続くBOMmERですが、俺個人としてはこの期間を利用してアコースティックな編成で自分を磨くチャンスを頂いとります。



つい先日、6月13日にマックスの知り合いが経営しております
Bar Olivieroというお店で30分程歌わせて頂きました。



めっちゃ雰囲気イイ店でした^ ^


俺、ビールがそんなに得意じゃないんですがここで飲んだビールは人生で初めて旨いって思えました


汐留あたりに遊びに行った時は是非ぜひ行ってみて下さい!





そうそう

肝心なライブ編成ですが

俺、key.日里、ハスミンの三人衆で出演させて頂きました


今回はハスミンと俺でメインボーカル、コーラス&シェーカーの担当を入れ替えてみたり
BOMmERのあの曲をハスミンがメインで歌ったりと少しお試し企画的なことも織り交ぜてみました。



課題はたくさん残ってキリがないんですが
また機会があればマックスやコーラス勢も引き連れてもっと分厚い音で出来ればいいなぁ




とりあえず演奏予定の譜面を忘れた日里さんは反省してください




そんなドジっ子キャラを確立した日里さんと今月の26日(木)に
超絶久々に横須賀YTYのフリーパフォーマンスナイトに出てきまーす


出演は19時30分頃で1番目の予定です。



3曲のショートステージですが、チャージ無しの飲食代のみで閲覧出来るんでもしおヒマなら食事がてら見に来てやって下さいお(・ω・)


ということで近況報告はこんな感じ




まだボマブロとの兼ね合いで解禁できない情報もあるんですが、まぁ
気長にお待ちを…





ふと思ったんですけど

オマチオってなんかいやらしい響きよね







それではまた



スポンサーサイト
03

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

今年はゴリラが熱い



やっとこfc2ブログアプリを入れてからというもの

投稿が楽過ぎて更新ペースが上がってる深川です。




そして投稿ペースと共に降水確率まで上げてしまう深川さん

本日も雨でしたね


俺はこの雨とは関係無いですがとりあえず
ごめんなさい





というわけで今日は知り合いのライブを見に(客としてホームグラウンドの)関内BBストリートへ


お目当てはこやつら


専門時代の同級生コンビ

じゅりたつ」です。


写真はライブ後に「できる限り悪そうな顔して」と注文して撮った一枚




うん





悪人顔マイスターの自分から言わせてもらうとまだまだ修行が足りませんね






二人がBBでライブする時は大概見に行くんですが、高確率で専門の同級生が何人か居て同窓会みたいな状態に



その期待も持ちつつ今回もしつこく見に行ったわけですが

今回は画像左におります自称・雨女
「じゅりあ」がソロで出演




ちょくちょく戸塚とかで路上やってたらしいんで前見た時よりだいぶ垢抜けて見えました



やっぱ路上やるかやらないかってのはアーティストにとっては一つのターニングポイントなんでしょうかね


なにより専門時代の仲間が第一線の上を目指して音楽っていう同じフィールドで戦ってるの見ると刺激にもなるし、励みにもなる



ほんといい活力を頂きました
ありがとうございますm(_ _)m




そしてライブに行くとなんだかんだで知り合いが増えるもんで
今日もまた知り合いの輪が広がりました!


凄くアバウトに言うと「物書き」の方で

ギャグやシュールレアリスム、女性と男性の笑いのツボの違いを真顔で語り合う不思議な空間に…


そしてそこに音楽が合わさり最強にみえるとてもアーティスティックな夜になりましたとさ





と、ここで飽きもせず今回も音楽のお話




今回は個人的なライブの楽しみ方と音楽の話を合わせてします



複数のアーティストが出演する形式のライブにあまり行かない人には馴染みが無いでしょうが

次のバンドの演奏が始まるまでに10~15分くらいのセッティング時間があるんですね


その時間中に流れてるBGMを聞く


ってのが俺がライブを見に行く時の楽しみの一つでもあります。


幕間のBGMは店側が独自にチョイスしたものもあれば、アーティストが「これを流してくれ」と用意してるものもあります。

そして前者についてですが


BBストリートさんのイベントで流れてるBGMは割と個人的に好きなBGMなことが多い


実例として




db Clifford - Simple Things


この曲が幕間BGMとして流れた瞬間
会話んぶった切って
「この曲、ピアノのフレーズいいね」

っていう話になってPA(音響担当)さんにアーティストと作品名聞いて速攻でポチッた例があります


そして例に漏れず、今回のBBストリートでもじゅりあの出演が終わった直後に流れてたBGMが耳に止まって


「お疲れ様」より先にPAさんのもとに駆け寄ってって教えてもらったのがこれ





Diane Birch - Nothing But A Miracle


割と有名な曲なんでしょうが、リリースは2009年あたり、海外の曲といえばサルサとジャズばっかり聴いてた時期なんで完全に知りませんでした


まずドラムとベースの音で惹きつけられて、歌声、キーボード、ギター、その他諸々(ホーンやらストリングス)の順で耳に入ってきて…


我慢できずに聞きに行っちゃいました。


おまけに歌ってるDiane Birchのルックス…




…最高やん。





曲の内容は

ねぇ教えて、なんで私はこんな一方的な恋に苦しんでるの?

もう私達の愛は終わってるのに、私だけそれにしがみついてボロボロになってる

奇跡でも起きない限りあの人は取り戻せないのに



って感じのいわゆるスタンダードな失恋ソング



ライブからの帰り道にこのPVを見てたんですが
映像作品としてもかなり好きです。


冒頭とPV中の本にもある

「The 5 Stages of Grief…」

よく聞く文章ですが
「傷心から戻る5つのステップ」って感じでしょうかね?


順番に書いてくと

1.Denial 拒絶

2.Anger 怒り

3.Bargaining 取引

4.Depression 憂鬱

5.Acceptance 容認




全てを嫌い、怒りに変わり、物欲に逃げ、ここまでの事を憂鬱に感じ、認める事で清算される



どちらかと言うと女性の方に当てはまるものかも


俺は喰って寝て歌ったらだいたい清算されるので…




曲の中では現在進行形で傷心の中にいる主人公ですが、PVの世界では清算までの手順が映像になってる


曲の問題がPVで解決されてるハイセンスな作品です。


合わせてこちらもどうぞ





Nothing But A Miracle ft.Daryl Hall


ダリル・ホールとの競演です。





はい、もう速攻でこのCD買いにいきます。


ということで

ライブ会場ではアーティストやアーティストが奏でる音以外にも色んな出会いがあります。


思わぬところであなたの好きな音が鳴ってるかもしれません



こんなライブの楽しみ方もいかがでしょうか?



今日はここまで

ではまた


28

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

Borderless



ハローエブリバディ


ここlately、ボマブロじゃんけんで連勝highwayまっしぐらなんで調子にrideしてこっちのblogで記事をwrite,write,writeしてるDeep Riverです。



言語切り替え面倒くせえ…


というわけで次じゃんけんでアレしたらアレしようと思ってたことを書きます


僕らBOMmERの音源は主に路上での販売のみなんですが、海外にいる方からも「是非BOMmERのCDが欲しい!」という

それはそれは嬉しい要望を頂き

酒と泪と男と女の事しか考えられない頭をフル回転させ、海外のお客様にCDを海外発送で送らせて頂きました!




「ありがとう!」


海外発送は内容物やら関税チェックの厳しさが国内とは違うのでこのメッセージは苦肉の策でした…

どこの国に送ったかはこのメッセージで察して下さい



いやぁ、ついに僕らの作品が海を渡ったわけですよ…
本当感慨深いですね!


もっともっといい音をいろんな国、いろんな場所で響かせられるように精進します!

どうか、BOMmERの音を楽しんで下さい。


よし、これでボマブロ用の予備弾薬が無くなったゼ

まぁ俺はたぶんじゃんけん負けないし大丈夫っしょ


(あ、これフラグ?)




じゃ、久しぶりに好きな音楽の話するでー!


本日は好きなアーティストじゃなく好きな曲に絞っていきます

先日スタジオでの練習中にEnglishman In New Yorkの話題が一瞬出たので
逆に!
根っからのNew Yorkerの歌を取り上げてみます。



Odyssey - Native New Yorker


忙しく回り続ける大都市New York
色んな文化が飛び交う中でも貴方は自分らしく居なさい、あなたは生え抜きのニューヨーカーなんだから…


うん

ほんと、このイントロはいつ聴いてもシビれる

1977年にOdysseyが発表したナンバー

この前後年に「サニー」と「ラスプーチン」をリリースしてたBoney Mというドイツのバンドが居るんですが

自分はどうしても比較対象としてこの2組のバンドを出しちゃうんです

まぁデビュー年が近いのもあるんですが


Boney Mはメンバーの出身でもある中南米系のパーカッシヴで民族的なサウンド、それに皇族的な荘厳さと重さが乗ってる

それに比べてOdysseyはゴージャスでかなり都会的な音作りでアーバンソウルの代名詞のようなサウンドを軸に置きながらフォークの渇きを持ったバンド

あと個人的に思ってることですが、Boney Mの日本語wikiはあるのに…

なんでOdysseyのは無いんじゃい‼︎


と、話を戻しまして…

次のNative New Yorkerはこれ



Frankie Valli - Native New Yorker

ご存知「君の瞳に恋してる」のフランキー・ヴァリです。

ニューヨークでシナトラのショーを見てからこの世界に目覚めた彼がFour Seasonsを経てこの曲を歌う

そして一昨年にはブロードウェイデビュー

偶然なんでしょうが、とても縁の深い曲にも感じますよね?


アレンジに関してですが、Odysseyのアレンジをしっかり踏襲しながらもコーラスワークにはさらにゴージャス感を与え、逆にリズムやヴォーカルをソリッドに出してバンドサウンドに仕立てたアレンジ

Four Seasonsらしいオールディーズのカラーも微妙出てるかも

かなり綺麗に纏まっててこの曲のメロディの良さを改めて知る事が出来たカバーでもあります。


そして最後、ラスボス(?)と呼ぶにふさわしいカバーアレンジがこれ



Esther Phillips - Native New Yorker


原曲から順を追って聞いてると
イントロで!?ってなるよね

そして日本人なら少しは分かると思うけど、イントロの音から漂うピーター・ストーン臭…

大野雄二じゃなくてピーター・ストーンね、念の為。


このアレンジで歌っておりますEsther Phillipsのベストはとんでもねぇ聞き応えのある1枚でした…



超レッドガード顔
(Oblivionネタです、スイマセン)


また機会があれば別で紹介します。



正直言うとこのアレンジがこの曲の最終形態と言いますか、原曲とは違ったもう一個のNative New Yorkerでは無いかと思います。

自分はどんなカバーアレンジであろうと「原曲が最高のアレンジ」と思ってる
J.R.BaileyのLove Love Loveとか…


(あ、余談だけど山下達郎とか好きな人は是非J.R.Bailey聞いてみてね!)


でもLittle Estherが歌うこのNative New Yorkerはオリジナルに並ぶかそれ以上に好きなサウンドかも知れない

どんな文化の風が吹こうと、私は私!
そんな「どこ吹く風」と
「Native New Yorker」を体現するような彼女の歌い方とさらにパワーとセレブリティさを増したコーラスセクション

ゴスペルに魅せられ、13歳からOldies R&Bで売れ、愛に金にトラブル、そして廃れ、クラブで下積みを経て、また返り咲き

そんな彼女にしかシング出来ないアレンジでしょう



とりあえず3つ
紹介しましたが…

実はこの3つのアレンジは77~78年、わずか1年間の間に発表されたアレンジなんです

この曲には謎の魅力というか魔力があるのでしょう。


さて、貴方はどの
Native New Yorkerがお気に入りですか?


好きな曲の原曲
或いはカバー曲、アレンジ曲を巡ってみるのも価値ある音楽の楽しみ方だと思います。

皆様もぜひ


ということで今回はここまで

ではまた。

20

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

はじめてだったあんこ~る



急に更新頻度が上がることで有名な深川です。


前回の記事で書きました、コーラス3人を引き連れオープンマイクに飛び込んじゃおう作戦ですが


無事に完遂しましたぁん!




その総括と個人の感想なんかを話したいと思います。
ここはバンドのブログじゃなく個人のブログなんで長文になったり、自由にぶっちゃけたりもしますが


まぁ、そもそもあんまり見てる人はいないと思うし

いいよね?




当日…

19時頃に渋谷encore前に集結!

したはいいけど


コーラス3人は微妙に緊張というかいつもより表情が堅い…


「むふふ、動揺しておるな?」
と、したり顔の俺


ライブハウスではあるものの
イベントとは違う未体験の空気


店内の奥に入ったり、客席に着いたり
なんかソワソワしてる御三方


ここでもしたり顔の俺
(絶対キモかったと思う)


でも、いざ舞台に上がってみると…


3人とも2曲づつのステージでしたが、予想以上にしっかりこなしてましたよー


はすみんから写メ頂きますたthanks

個々の評価は長くなるので割愛しますが…
合格点をあげても良い結果だと思います!


そして

自分の番も終わり、もう何も怖いもん無しの無敵状態

いわゆる賢者タイムに入った彼女達から
「で、君は歌わないのかい?^ ^」
という空気を感じて


「今日何の譜面ある?」
「これしか持ってない」
と、ひーちゃん大魔王とプチ会議後


1曲のみではありますが歌ってきました。

ここだけの話だけど
俺が1番緊張してたんじゃないかな?


完全に準備無しの状態でまさしく「飛び入り参加」だった訳で…

まぁ自分の為になると思ってたので
なかなかいい経験になりましたよ


その後プチ打ち上げ&反省会でカラオケへ…






!?










(椎名林檎/罪と罰を脳内再生してご覧下さい)

「ヘェ~声結構出るじゃん?さっきより出てんじゃない?」

「(^◇^;)エ…」

と、ソフトな圧力をかけつつ色々と語り合い、無事お開きと相成りました


(この後も長い夜は続いたんですが、まぁ…お察し下さい)

ともかく一番思う所としては

コーラスの皆にはかなりいい経験になったでしょう
なにより3人をソロの舞台に引っ張ってこれて良かった…と俺が一番安心してます

これからコーラス練もボチボチやってレパートリー増やして不定期にオープンマイクに連れて行こうかなーなんて考えてます!

成長を続けるHasumi,Dita,Airiの3人を楽しみにしてて下さいねっ



めでたしめでたし







18

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

はじめてなのにあんこ~る


皆様こんにちは
こんばんは
おはようございます
さようなら
そしてお久しぶりです。


連邦の秘密兵器こと深川です。


季節の変わり目と共に花の香りと切なさをお届けするこのブログですが

もう春ですね、えぇもう春です。


時々寒くなり人肌恋しくなりますが、春です。


明日春が来たら君に会いに行こう

と、街では囁かれてますが

会いに行く相手もいない深川です。



さて掴みはこのくらいにして


ここ最近何してたかっつーと
何故か続いているバンドBOMmER

今、新曲作り、HP制作に励み、しばらくライブから時間を置き同時に内部強化を図り日夜、血の滲むような特訓を積み重ねているわけです。


その一環として、昨年冬から始まりましたコーラス隊のパワーアップ計画!

まず、ボーカルの技術うんぬんを知らなきゃコーラスは出来んやろ

ということでひーちゃん理事長とタッグを組み、コーラスの皆にボイストレーニングをしてます


専門時代にやってたトレーニングで「これは効果的や!」というメニューをピックアップしてバンバン仕込んでいって最強のコーラスワークにしちゃおうぜ☆

という算段ですが、

現時点でもかなり成長を感じてます!ビクンビクン


その厳しい厳しいトレーニング風景を少しお見せしましょう





…ほらね





…どうよ?







厳しそうでしょ?






さて、ここでクエスチョンです。




この、一見トンカツや唐揚げにうつつを抜かしてるように見えるこの写真!

一体どんな効果があるトレーニングなんでしょう?


~?







…正解はトンカツや唐揚げにうつつを抜かしながら食べるトレーニングです。

期待できる効果としては、カロリー摂取でお腹が膨れる

といったところでしょうか。


草野さんと黒柳さんが禅問答を始める前に答え出しちゃいました、てへぺろ☆^_°



いや、ちゃんと練習はしてるんですよ?

これは練習が終わった後に皆で食事に行った時の一枚


練習会が終わった後の女子会(?)も練習に負けず劣らず濃厚になってきてます
コーラス隊の(謎の)キャラ付けも着々と出来てきてます。


まぁこんな感じでボーカルとコーラスのチームワークもぐんぐんアップしております



がしかぁし!



その技術も度胸と覚悟が無きゃ舞台じゃ出ない!

ということで本日!


渋谷のencoreというライブハウスで開催されるオープンマイクイベントに
Hasumi、Dita、Airiの3人を引き連れ

各自ソロで舞台に立ってもらう予定です!


自分も横須賀YTYのオープンマイクに飛び込んでみてかなり勉強になったことも多く、コーラスの練習会がスタートして1シーズンが過ぎようとしてる今!

その総決算としてオープンマイクという舞台を選びました


もしお暇なら彼女達の成長と覚悟を見に来て下さいなb



それではまた


Profile

がわふか

Author:がわふか
現在、BOMmERとかいう卑猥なバンドでヴォーカル的な何かをしてます

深川修平と申します。

日々の生き様、活動情報、琴線に触れた音やモノ、五感と股間を刺激したものをただ書き連ねるコラム「内閣SOUL大臣」

テキトーに可愛がって下さい、喜びます。ビクンビクン


※このブログはリンクフリーです。

ご連絡、相互リンク、愛の告白など御座いましたらサイドメニュー一番下のメールフォームにて

Track Back
Mail

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。